Nゲージ自作室内灯

鉄道模型を購入すると、すべてではないですが結構な割合で室内灯を組み込んでいまして、今まではすべて純正を使用しておりました。
最近購入したキハ58系8両と581系12両の合計20両、これらにも室内灯を組み込みたいのですが、メーカー純正だと諭吉さんが私の財布から旅立ってしまうので、今回は自作してみることにしました。

YouTubeなどにたくさん紹介している動画がありますので、それらで情報を得ながら必要なものを購入し、とりあえず作ってみました。

IMG20240106180738.jpg

DSCN3998.jpg



ポポンデッタのエネルギーチャージタイプにしてみようとコンデンサも用意し、一応取り付けして効果も確認してみたのですが、結局今回は取り付けはしませんでした(面倒くさいからというのはナイショです・・・)

DSCN4006.jpg


今回はとにかく安く仕上げたかったので、テープLEDはアマゾンで一番安いものを購入。
でも5m300球のものは5cm単位でしかカットできないので、ちょっとお高くなる2.5cm単位でカットできる5m600球のものを選びました。
Nゲージ20m級の車両の場合、先頭車は10cmでいいのですが、中間車は12.5cmでカットしないと車端部にまで光が届かないからです。
これにブリッジダイオードを取り付けて、1両50円もかかってないと思います。
この他に銅板とプラバンが必要ですが、今回は手持ちの物を使用しました。

とりあえずキハ58系8両に取り付け完了。
初めてで不慣れなので結構時間がかかりました。

IMG20240106180854.jpg

DSCN3997.jpg



次は581系ですが、その前にトミックスのファーストカーミュージアムのクハネ581に組み込んでみました。

IMG20240117192420.jpg



最後はカトーの581系12連に組み込みましたので、せっかくなので今回は動画で紹介してみます。




車輪とレールを綺麗にしていればほぼチラつきはないので、コンデンサは必要ないかなと思います。
そもそも純正には付いていませんからね。

マイクロエース製にも取り付けしたい車両があるのですが、カトー製以外は銅線をコイル状にしないといけないので面倒ですね~
上で紹介したファーストカーミュージアムの車両は、爪楊枝に銅線を巻いて作ったのですが、かなり手間がかかるので躊躇してしまいます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

すてきち777

Author:すてきち777
近鉄沿線に住む鉄道オタクのおっさんのブログです。
基本的には近鉄を中心とした奈良県内の鉄道写真を撮影していますが、時々南海沿線にも出没します。
また、たま~にですが、生駒谷の季節の花や鳥の写真も紹介しています。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR